テーマ別コラムシリーズ著者紹介


著者:古武孝仁(Twitter @tako_kotake)
薬剤師、国際中医専門員A級。岡山県のふたば漢方薬局に勤務。薬局では漢方実習の受け入れや親子漢方びっくり教室などのイベントを開催、また岡山漢方研究会などの講師を務める。カメラ、写真が趣味。スタッフの昼食に味噌汁(ほぼ鍋)を作り、Twitterへ投稿している。

■執筆記事一覧
vol.1 漢方は昔の人たちが考えた『壮大な喩え話』の集まり



著者:福島梨沙株式会社バンブー / 株式会社オリーブケア)
東京都出身。薬学部卒業後、外資系製薬メーカーにて薬の副作用や安全性情報に関わる。グロービス経営大学院入学後、本当にやりたいことに向き合い、6年勤めた会社を退職し、薬剤師として株式会社バンブー 竹の葉薬局に開業時から参画。薬剤師経験ほぼ0から個人在宅の現場に入り、一から勉強する。現在では、パート勤務ながら40名ほどの在宅患者さんを担当。
薬局勤務の傍ら、2018年に株式会社オリーブケアを創業。「あたま・こころ・からだを健やかにする」をモットーに、個人で働く人がシェアできる習い事サロンの運営も行っている。その他、ハーブやアロマの講師やカウンセリング、新規事業コンサルティング、医療メディアライターなど多岐に活動中。
<保有資格>
薬剤師/ 薬学修士・MBA・ハーバルセラピスト・メディカルハーブコーディネーター

■執筆記事一覧
vol.1 マニュアルには載らない在宅初回訪問 7つの手順
vol.2 配達から管理へ!ホンモノの在宅服薬管理薬剤師とは ~ご自宅に上がる編~




著者:ぺんぎん薬剤師(Twitter @penguin_pharm
4年制薬学部を卒業後、大学院に進学し特許を取得。研究者の視点を持つ薬剤師として患者さんの身近な場所で働きたいと考え薬局に就職。薬局では通常の薬局業務に加え、学会発表、研修講師、市民講座など、様々な形で「伝えること」を経験。自分の得た知識を文章にし、伝えていくことの難しさと楽しさを学ぶ。 薬局での仕事が忙しくなる中、後輩に教える時間がなくなり、伝える場としてブログ「薬剤師の脳みそ」の運営を開始。その後はTwitter、Facebook、Instagramなどの各種SNSも開始し、より多くの薬剤師に有意義な情報を提供できるメディアを目指して運営を続けている。

■執筆記事一覧
vol.1 地域連携薬局とは?認定基準から申請方法まで徹底解説!

vol.2 専門医療機関連携薬局とは?認定基準や申請方法から地域連携薬局との比較まで徹底解説!

vol.3 リフィル処方箋とは?諸外国の状況から国内での議論まで徹底解説!




著者:児島 悠史 / 薬剤師、株式会社sing 取締役、Fizz-DI代表
(Twitter @Fizz_DI / ブログ お薬Q&A )
2011年、京都薬科大学大学院修了後、薬局薬剤師として活動。日本薬剤師会認定制度JPALSクリニカルラダー6。「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」を理念に、執筆、メディア出演・監修、教育講演などに携わる。主な著書に「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100」(羊土社)、「OTC医薬品の比較と使い分け」(羊土社)、「薬剤師のための医療情報検索テクニック」(日経メディカル開発)、「医学論文の活かし方」(金芳堂)などがある。

■執筆記事一覧
vol.1 【バファリンルナJ】頭痛・生理痛…“はじめての痛み止め”に勧めやすい商品
vol.2 【スカルプD メディカルミノキ5】脱毛・薄毛…「効果」と「安全性」に優れた商品(9月28日(火)公開予定!)

ページトップへ戻る