薬剤師取材

5大疾病の現状と薬剤師の関わり方②
~糖尿病患者をエンパワーメントアプローチで支援~

I&H株式会社 阪神調剤グループ 薬剤師 野村洋介先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
I&H株式会社 阪神調剤グループ 薬剤師
野村 洋介 先生
阪神調剤薬局ではブロック長として関東第四ブロックを統括し、研修リーダーとして社員教育に携わっている。また、「スリースター(3☆)ファーマシスト」では講師として勉強会を開催。「エンパワーメント・アプローチ」の概念を中心に、薬剤師と患者さんの関係性向上に尽力している。
(2020年8月取材)

治療が長期にわたる糖尿病では、運動や食事などを含め、患者さん全体を見ることが大事だという、I&H株式会社阪神調剤グループの野村先生。
糖尿病患者さんの治療に取り組む姿勢を支援する「エンパワーメント・アプローチ」について、その基本的な考えと手法をお伺いしました。

(本記事は医薬情報おまとめ便内、特集企画「5大疾病の現状と薬剤師の関わり方」にて掲載した記事です。 )

 

はじめに

「エンパワーメント・アプローチ」というのは、簡潔に言いますと患者さんが自分で自分の問題を発見し、自分で対応することへの支援になります。薬剤師が指導したり提案したりせず、患者さん自らの気づきを促し、行動へとつなげていってもらうための働きです。ただ、この手法が先にある訳ではなく、患者さんとの関係性が築けていることもやはり大事ではあります。
私自身、Do処方の多い薬局で勤務していたとき、服薬指導をしてもなかなか患者さんの症状が変わらないことに悩んでいました。ですが「エンパワーメント・アプローチ」を学んだことにより、薬剤師が聞き出したいことを聞くのではなく、患者さんが話したいことを掘り下げていく、また、ただ共感するだけで終わらせずポジティブな面を強調していくことで、患者さんの行動が変わり、改善へとつなげることができるようになりました。

Step.1 声をかけて反応を見る

できるだけ“ぼんやり”と“やさしく”、オープンクエスチョンで。

特に初回であれば、すぐに服薬指導に入らずに、まずは「今日はどうでした?」というような、何でも自由に話せる雰囲気で聞いてみましょう。ぼんやりとした質問だと、意外と患者さんがそのとき一番気にしていることを答えてくれるものです。その答えが糖尿病に関わらないことだとしても、そこで患者さんのニーズを把握することができます。
まだ関係性ができていないと反応が薄いこともあるかと思いますが、焦る必要はありません。例えば30日処方の患者さんであれば、年に12回来局する機会があるので、毎回少しずつ関係性をつくっていけばよいと思います。2回目以降であれば「あれからどうですか?」などで、どんな反応が返ってくるか様子を見てみましょう。

Step.2 現状を聞いてみる

患者さんができていること、困っていることを聞いてみましょう。

成果が出ていれば「やっていること」、出ていないのであれば「心当たりがあるのか」、患者さん自身がどれだけ把握しているのかを確認することがポイントです。また、患者さんの努力を見ていくようにすると、数値の話題だけで終わらずに話が広げられるようになります。
例えば「最近、歩くようにしているんです」という患者さんには「どこを」「どれくらい」「いつ」「どのように」など、患者さんに興味を持って患者さんの言葉から掘り下げて聞いてみましょう。患者さんの生活環境や価値観などをさらにうかがい知ることができるとともに、患者さん自身にもきっと気づきを与えられるはずです。

Step.3 できていることをほめる

できていないことしか言わない患者さんには、ポジティブチェンジを。

薬剤師の服薬指導として “傾聴と共感”が時に有効な場面もありますが、ネガティブな言葉に対して「そうですよね」とか「仕方ないですよね」などと共感することは、「それでよかったんだ」と患者さんが捉えてしまうことにもつながります。「寒いから外に出て歩けない」という患者さんには歩こうと思っていることを褒め、「飲み会が多くて暴飲暴食してしまった」という患者さんにはそれがなかったらもっと数値がよかったのではないかと褒める。ネガティブに共感せず、ポジティブな言葉に変換していくことで、患者さんのやる気を引き出していきます。
このときのポイントは“すぐに、その場で、大げさに”褒めること。ちょっと大げさかなと思っても、意外と伝わっているのは3割くらいと思ってよいかもしれません。

Step.4 前向きな言葉をかける

患者さんの頑張りを後押しできるような、次につながる声がけを。

つい「お大事にどうぞ」と言ってしまいがちですが、より前向きな気持ちを持てるような声がけを心がけましょう。よい結果が出ている患者さんには、その努力に対して労いの言葉とともに「また次回、結果を教えてください」と。また困っていることがある場合は「いい方法が見つかったら教えてください」など、指導や提案をしたくなる気持ちをぐっと抑えて、一緒に考える姿勢を見せるのがポイント。以前、間食をところてんに変えて血糖値が改善した方がいましたが、患者さん自身が問題点に気づき、考え、行動を変えたからこそだと思います。ただ、短い時間の対話の中で患者さんに気づいてもらうのは少しコツが必要なので、私はよく補助資料を使うようにしています。患者さんのニーズに合った資料を見せ、ともに考え対話することで、より支援しやすくなるのではないでしょうか。

さいごに

糖尿病は、年間で約10%がドロップアウトしてしまうほど治療に根気のいる疾患なので、継続して通院している時点で素晴らしいことです。患者さんたちもそれぞれ努力しているはずですが、薬剤師は「患者さんが変われば、きっとよくなるのに」と思いがちではないでしょうか。治療に根気のいる疾患だからこそ、患者さんが自ら考えて行動できるよう、どんな患者さんにも希望をもちつつ包括的に関わっていくことが薬剤師には必要だと思います。
「エンパワーメント・アプローチ」は一つの手法に過ぎませんが、それによって患者さんが「自分を見てくれている」と感じ、「きっとあの人ならポジティブな言葉で返してくれる」と思ってもらえるとしたら、それが一番ではないでしょうか。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

その他の「薬剤師取材」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る