取材記事

マンガで見る「もう一歩先の在宅医療、現場の薬剤師」(前編) プロローグ編~エピソード①

アトム薬局 アルプス通り店 在宅療養支援認定薬剤師 萩原宏美先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
マンガの主人公のモデルとなった、アトム薬局・萩原先生。
(2020年6月取材)

もう一歩先に見えてくる 在宅医療での薬剤師の役割

「失敗談をたくさん聞かせてください」という編集部からの無茶なお願いを、笑顔で快く引き受けてくださった萩原宏美先生。訪問薬剤師としての業務をスタートしてから、幾度となく大きな壁にぶつかったと話しますが、萩原先生はの度に、そこから多くのことを学び、在宅薬剤師としての次のステップへと歩みを進めてきました。
なぜ在宅医療に携わるようになったのか、そのきっかけ、またどのような壁にぶつかってきたのか、マンガとインタビューにして前編・後編でお送りします。

プロローグ① 〜きっかけ〜

ケアマネの資格を取得して気づく「薬剤師」としての道

プロローグ② 〜その先へ〜

在宅業務2年、「在宅療養支援認定薬剤師」の資格取得は、 本当の意味で「家庭と仕事を両立させる」ため

エピソード① 〜つまずき〜

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

その他の「取材記事」

ページトップへ戻る