薬剤師こだわり図鑑
お薬手帳の活用にこだわり vol.1

患者が自ら健康を管理できるよう
おくすり手帳の活用を支援!

千葉県 薬局薬剤師 島 万里子 先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
千葉県の保険薬局に勤務する島万里子先生は、おくすり手帳の活用を推進している薬剤師のひとり。患者の服薬管理や毎日の健康チェックだけでなく、患者・医師・薬剤師をつなぐツールとしても有効性を実感している。

手帳の記録は、自分自身の健康の歴史

おくすり手帳というのは、これまで自分が服薬した薬の履歴を残すことができる“健康の歴史”のようなものです。そんな手帳を使えるようにする上で大切なのが、患者さんに服薬している薬の情報をしっかりと記録してもらうこと。普段から飲んでいる薬はもちろん、薬を飲んだときに出た副作用や、ホームドクター以外の病院で受診したときの薬の内容なども一緒にメモしてもらうことで、患者さんがいつでも自分の健康状態を振り返られるようにするんです。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「薬剤師こだわり図鑑」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る