薬剤師取材

管理栄養士によって広がる、薬局での栄養サポートと服薬指導

ライフエンタープライズ株式会社 代表取締役 小塩和壽さん/株式会社輔仁薬局 代表取締役 副 守尋先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
お話を伺った
千葉県 ハーブランド薬局/ライフエンタープライズ株式会社 代表取締役 小塩 和壽さん(左)
大分県 輔仁薬局/株式会社輔仁薬局 代表取締役 副 守尋先生(右)
(2020年12月取材)

管理栄養士を採用したいと思ってもハードルがあるという声を多く聞きますが、実際に採用している薬局では、どのような採用形態で、どのような業務をしているのでしょうか。今回、2薬局にお話を伺いました。

(本記事は医薬情報おまとめ便内、特集企画「地域住民の健康を支える 栄養サポートへの第一歩」にて掲載した記事です。 )

千葉県 ハーブランド薬局

薬剤師との連携で、よりきめ細やかな健康サポート体制を実現。管理栄養士を、今後ますます必要となる地域医療・介護の現場を担う存在へ。

近年、医療・介護の在り方は、モノからヒトへと方針転換しています。例えば、診療現場では患部のみを診るのではなく、体全体を診るようになってきました。同じように薬局でも、薬の話だけではなく、その方の食生活まで入り込んだ「服薬支援」を行い、患者さん自身のサポートが必要だと考えています。
当社が運営するハーブランド薬局では、全9店舗に管理栄養士が常駐し、服薬指導時に薬剤師とともに患者さんへ必要な栄養指導を行ったり、処方箋を持たない患者さんへの無料栄養相談を行ったりしています。不足する栄養素を補うためのサプリメントの紹介も薬剤師と連携して対応するほか、管理栄養士が継続的にサポートする有料の栄養相談サービス「パーソナル栄養チャージ(PNC)」もスタートさせ、地域の健康サポートの充実を図っています。現在は、服薬指導時に必要となり得る栄養知識のマニュアル作成も進めており、薬剤師とのよりスムーズな連携を目指しています。

当社では、管理栄養士を医療事務の枠で採用しているので、事務の業務も行ってもらっています。管理栄養士としての業務については、新卒採用を基本としているため、採用後に一定期間外部機関での研修を行うほか、講習会へも参加して、現場での栄養指導スキルを身に付けられる教育体制を整えています。2020年4月には、保険医療機関の外来患者に対して、医師の指導のもと栄養指導を行った場合に算定できる外来栄養食事指導料2が新設されました。当薬局では、医療機関や介護施設と連携し、管理栄養士の活躍の場を広げていきたいと思っています。

管理栄養士の業務は無料相談のほか、パーソナル栄養チャージ、管理栄養士講座の開催、レシピ考案など幅広く行っている。

 

大分県 輔仁薬局

管理栄養士としての専門性を生かし、栄養サポートに徹する環境に。患者さんとより親密な関係を構築しながら、有益な服薬指導へと結びつける。

当グループでは、患者さんの生活全体のサポートを考えて、6年程前に管理栄養士の採用をスタートさせました。グループ内では全25店舗を運営していますが、管理栄養士は、在宅医療の患者さんが多い店舗や糖尿病患者さんが多い店舗に絞って配置し、現在では10店舗ほどで業務にあたっています。

大分赤十字病院前の店舗には基本交代で常駐するようにして、他店舗については管理栄養士が来局する日を事前にお知らせするとともに、当日は来局した患者さんに対して、管理栄養士が直接お声がけもしています。前述の大分赤十字病院前の店舗では、処方箋をいただいてからお薬を出すまでの待ち時間を利用して無料の栄養相談をされる方も多くいらっしゃいます。
また、薬剤師による服薬指導時に、より専門的な相談が必要だと判断した場合にも管理栄養士へ引き継ぎます。当グループで採用している管理栄養士は2名ですが、専門性を生かしてもらいたいので、管理栄養士としての業務のみを行ってもらう方針をとっています。栄養相談の内容は週ごとにまとめて全店舗で共有しているのに加え、管理栄養士が追加で調べたことなども情報として残すこともあり、他の薬剤師の知識向上にも繋がっています。ただ、ある程度の説明は薬剤師でもできるようにはなりますが、やはり患者さんの生活習慣や生活環境をより細やかに把握し、それぞれに合った改善策の提案をするには管理栄養士の力が必要です。薬剤師はあくまで患者さんと薬でつながることに徹して、栄養サポートでは管理栄養士に活躍してもらうのがベストだと考えています。

管理栄養士が毎週末に、栄養相談の内容を報告書として電子薬歴に残している。

 

 

<ライフエンタープライズ株式会社>

千葉県柏市柏1丁目1番7号
☎︎04-7163-2532(代)

<株式会社輔仁薬局(グループ本部)>

大分県大分市森町441-1
☎︎097-524-3170


  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「薬剤師取材」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る