取材記事

医薬連携によるトレーシングレポートの活用で
患者に最適な薬物療法の提供を実践

そうごう薬局 新倉敷店 宮本慶子先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
医薬連携をキーワードに、全国で薬局を展開する総合メディカル株式会社。 岡山県倉敷市にあるそうごう薬局 新倉敷店の宮本先生は「患者さんにより安全で最適な薬物療法を提供することにおいて、医薬連携や薬薬連携による医療機関との情報交換が密におこなえる体制は、とても重要です。」と話します。連携を通じて薬物療法の最適化を目指す宮本先生に、医療機関との連携や情報共有のコツについて聞きました。

週に1度の医療機関薬剤部の朝礼に参加
定期的なミーティングで顔の見える関係づくり

オープンして約20年になるそうごう薬局 新倉敷店は、主たる応需先医療機関のほか、広く近隣の医療機関からの処方せんを受け付けています。

応需先医療機関の薬剤部とは、薬剤部の朝礼や定期ミーティングへの参加を通じて「顔の見える関係づくり」をおこなっています。3カ月に1度の薬剤部との定期ミーティングは、患者情報の共有やスムーズな疑義照会のあり方などより良い薬薬連携について、協議の場となっています。

そのほか近隣の医療機関ともトレーシングレポートによる患者情報の提供ができるような関係づくりを心掛けています。患者情報の提供が必要と判断した場合は、医療機関それぞれの提出ルートに応じたトレーシングレポートの送付をおこなっています。

患者入退院時の情報連携で退院後の患者をサポート

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「取材記事」

ページトップへ戻る