薬局のとりくみ
医薬品知識

私たちの薬剤選び 「ジェネリック医薬品」~高齢者向け~

メディスンショップ蘇我薬局
管理薬剤師 雜賀匡史先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

高齢化が進む住宅街エリアで、介護現場における在宅医療を支援する保険薬局。

薬の服用が困難な患者さんが多い中、薬の選択や介護現場への対応をどのように行っているのか、お話を伺いました。

Q「メディスンショップ蘇我薬局」さんの特徴についてお聞かせください

介護療養施設や在宅患者の服薬管理が業務の中心
近隣に小児科医院がある関係でお子様の患者さんもいらっしゃいますが、基本的には高齢者が多い地域ですので、患者さんも高齢の方が多いです。特に私たちはグループホームや老人ホーム、在宅患者宅の訪問をメインに行っており、外来1に対して在宅9というくらいの比率で在宅医療業務を請け負っている状況です。患者の疾患種別としては認知症疾患の方が一番多いですね。年代は70代・80代の要介護認定を受けている方が主ですが、最近は90代や100歳を超える方もいらっしゃいます。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る