薬局のとりくみ
在宅医療

在宅医療スタイル別取組み
「在宅特化タイプ」

徳永薬局 成瀬在宅センター
徳永薬局 在宅部 エリアマネージャー補佐/薬剤師 中西 裕道先生
※2017年1月まで成瀬在宅センター勤務

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

「気づき」から始まる医療を目指して、在宅に懸ける思い

かねてから「在宅医療薬局」の必要性を発信し続けてきた徳永薬局では、未来に先駆け、2010年3月から在宅医療部を新設。今回取材をした東京・町田市の成瀬在宅センターをはじめ、5店舗が在宅をメインに。そのほか神奈川県や埼玉県など他県におよぶ24店舗でも在宅医療を受けられるシステムを展開。無菌調整室で作った高カロリーの輸液の点滴や必要とする医療材料を提供するなど、かかりつけ薬局として地域に根ざしたサポートに取組んでいます。とくに成瀬住宅センターは20対1の割合で在宅医療を中心に稼働。医師、看護師、介護スタッフとの情報交換から得る“気づき”を大切にし、小児から慢性疾患の方や認知症、ガンなど幅広い病気でお悩みの患者さんへの在宅医療を行っています。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る