薬剤師こだわり図鑑
在宅医療にこだわり vol.10

J-HOPリレー連載企画
多職種連携「腹の見える関係性構築」
            を目指して
~蔵の街コミュニティケア研究会19年の歩み~

大澤光司先生 (株式会社メディカルグリーン代表取締役)

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
1983年東京薬科大学薬学部薬学科卒業、都内で3年間、薬局に勤務した後、1986年に栃木市内に大沢調剤薬局を開業した。現在は薬局の他、高齢者介護施設や子育て支援施設(小規模認可保育園)などを運営している。在宅医療には1999年から取り組みを始めた。2000年4月に、栃木市内の多職種連携を推進するための会である「蔵の街コミュニティケア研究会(通称こみけん)」の立ち上げに参画し、現在は同会の代表世話人を務めている。

在宅医療に取り組むきっかけ

1999年12月頃、栃木市の行政マンから「大澤さんの薬局って、患者さんのお宅に訪問してお薬の管理をするサービスって出来ますか?」と聞かれた事が、そもそものきっかけで、在宅医療に取り組む事になりました。「出来ますか?」と聞かれたら「出来ます!」と答えるのが私の信条の一つで、その時も半分勢いで「出来ます!」と言ってしまったものの、実は心の中では「???」不安がいっぱいでした。しかし私の答えを真に受けた行政マンは「それは助かった、それでは、ちかく栃木市内に開業する在宅を主に行う医師を紹介しますね」と言って、今となっては日本の在宅医療の草分け的存在の医師、太田秀樹先生(医療法人アスムス理事長)と巡り合う事になりました。今思い返してみると、あの時、もし「やったことがありません」とか「出来ません」と答えていたら、私は今でも在宅医療に取り組んでいなかったかもしれません。

蔵の街コミュニティケア研究会の立ち上げ

2000年4月になると、前出の行政マンから「在宅医療を進めるために、栃木市内の多職種連携の会を立ち上げたいので、世話人になって欲しい」という依頼がありました。この会が「蔵の街コミュニティケア研究会(以下こみけん)」です。「こみけん」の立ち上げのための世話人会を開催するというので、行ってみると、太田秀樹先生を始め、栃木市内の社会福祉士、介護士、訪問介護事業者の所長、介護福祉専門学校の講師、工務店経営者、行政マンの7名(私を入れて8名)が集まっていました。これがいわゆる8人会というやつで、「こみけん」の初代世話人たちでした。そして、奇数月の第2月曜日に世話人会、偶数月の第2木曜日に例会を開催する事を決め、「こみけん」はスタートしました。

こみけん設立の趣旨

「こみけん」は『在宅介護を支えるため、医師、看護師、薬剤師などの専門職だけでなく、地域に暮らす全ての人々全体の介護力を高め「幸せに生きる」事が出来るコミュニティーの実現を目指す。』という設立趣旨を掲げ、2000年6月に第1回例会を開催しました。
「こみけん」では、多職種(場合によっては市民)が講師となり、それぞれの職種の在宅医療・介護に関する取り組みや課題等を紹介する形で、継続的に例会を開催しています。例えば、過去には「口から食べるから元気になる口腔リハビリショー」というテーマで歯科医師を講師としてお招きししたことがあります。口腔ケア(特に入れ歯が合わない)が上手くいっていなかった高齢の寝たきりに近い状況の女性が、口腔ケアと適切な入れ歯の作成により、口から食べられ、喋れるようになり、元気を取り戻し、約1年後には海外旅行に行ったというエピソードをご紹介いただき、私自身強い衝撃を受けたのを覚えています。

「結果は求めない、 継続は力」

ただ、設立当初は参加者が少なく、テーマによっては20名を切る事もありましたし、10名足らずの時もありました。しかし、「結果は求めない、継続は力」を信じて続けてきました。その後、開催回数は2019年6月13日に第113回を数える頃には、会には毎回40~50名程度の栃木市内の多職種が参加するようになり、終了後には毎回懇親会が開催されています。懇親会には25名程度参加する事が多く、例会では聞けなかった質問をしたり、普段の仕事の悩みを相談したりなど、貴重な時間となっています。

腹の見える連携

当初は世話人達自身も何か出来るのか?わからないというスタートでしたが、19年経った今、確実に言える事は、栃木市内では多職種連携が非常に上手く行っているという事です。
私個人として、患者さんや家族から在宅介護等での困りごとの相談を受けた際に、「この問題なら〇〇さんに聞けばOK」「この課題なら□□さんに相談」などと、すぐに知人の専門職が思い浮かぶようになりました。また、薬局にも、在宅でお薬の管理に困っているという情報が、ケアマネさんなどから多く寄せられ、今では当社で行っている在宅業務の大半は、ケアマネさんなど多職種からの相談がきっかけとなって訪問開始となっています。

世間ではよく「顔の見える関係」と言われますが、「こみけん」の仲間は長年の付き合い(主に懇親会?)を通して「腹の見える連携」が取れるようになりました。相手の本音が分かるという事、言いたいことが言える仲間という事です。私も薬剤師として多職種の仲間に入れていただき、大変助かっています。

今後の活動

「こみけん」は、2020年に20周年を迎えます。少し大きな企画を実行しようかと思っていますので、乞うご期待です。もし、お時間がございましたら、是非皆様にもご参加いただければと存じます。詳しくは以下のURLをご覧ください。
http://www.cc9.ne.jp/~kuranomachi/

<J-HOP連載企画~在宅最前線~について>

J-HOP(一般社団法人 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会)と協力し、在宅を実施している薬剤師の最前線の情報を提供する事を目的に連載企画として実施しています。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

その他の「薬剤師こだわり図鑑」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る