薬剤師こだわり図鑑

健康サポートにこだわり vol.2

何かしてみようと思える。地域の人々が集うコミュニティスペースを作る

まごころ薬局 福田惇先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
大学卒業後、兵庫県尼崎市にて製薬会社のMRとして3年間勤めた福田惇先生。退職後も尼崎の地にとどまり、2013年に「まごころ薬局」を開設。現在、地域の人々が集うコミュニティスペース作りに力を注いでいる。

「役割」を持ち続けることが病気の予防に

私がコミュニティスペースを作ろうと思ったのは、ある男性患者さんとの出会いが大きく影響しています。年齢は90歳。さまざまな身体の不調を訴えておられたのですが、あるとき突然、お元気になられました。話を聞いてみると「小さな会社を設立することになった」と。しかし、それが頓挫してしまうと、また病気がちになってしまったのです。例えば、認知症などは「孤独」が原因で発症リスクが高まるともいわれています。「役割」を失い時間を持て余すようになると、人は身体のことが気になり始めてついには本当に病気になってしまうのではないか。私は、何かしらの「役割」を持ち続けることの大切さを痛感しました。医療や介護に携わる方は特にそうだと思うのですが、患者さんや利用者さんに何かを施してあげたい人が多いと思います。それは大変尊いことだと思うのですが、「得意なことや出来ることを見つけてあげて、それを表現できる場があることは同じくらい重要なのではないか」と、この患者さんとの出会いで考えるようになりました。コミュニティスペースを作ろうと決めたのはこんな思いがあったからです。

仲間を募って「オープン会議」を開催

とはいえ、コミュニティスペースを作ったところで、地域の方々に集まってもらえなければ意味がありません。そこで、地域の人を巻き込んで「オープン会議」を開催することにしたのです。会う人会う人に構想を伝え、チラシやSNSを活用して仲間を募った結果、1回あたり20~30名もの方々に参加いただくようになりました。「オープン会議」では、どういうコミュニティスペースにしていきたいのか、地域の方々と膝を突き合わせて議論を深めています。その中で、参加者同士が自発的にイベントや企画を立ち上げるようになりました。街を掃除しながら地域の歴史を知る「街歩き」や、会議に参加してくれたおばあちゃんと大学生が店員になる「カフェ」などです。コミュニティスペースでは、イベントや企画の主催や運営をできるだけ地域の人や患者さんにしてもらいたいのです。もちろんそれが負担にならないように我々がサポートしながらですが。やはりただ参加するだけでは、やってもらう意識が強くなってしまうと思いますので。ほんの少しだけで良いので、なにかをしてあげている意識を持てる仕掛けを作りたいです。

「あの人、実は薬剤師らしいよ」

コミュニティスペースを作るに当たり、地域活動に参加させていただく機会を増やしたのですが、そこでわかったことは、薬局の存在感の薄さでした。私が参加した地域活動でのことです。その会にいたのは半分の方が患者さん、半分の方は初めてお会いする方々でした。初めての方とお話をしていると、「お仕事は何をされているんですか?」と聞かれたので、「すぐそこで薬局をしていますよ」と答えました。すると返ってきたのは、「えっ、そんな所に薬局なんてあったっけ?」という反応でした。薬局を開いてから何年も経っていたのに、患者さん以外の地域にお住まいの方に存在すら認知されていない状況だったのです。どうすれば患者さんに喜んでもらえるのか、自分なりに工夫してきたつもりでしたので、虚しさもありましたが、新しい気付きもありました。それは、フラットな関係でつながったほうが、色々相談してくれるということです。今では薬剤師であることを強く主張する必要はないように考えています。「あの人、実は薬剤師らしいよ」と言われるのが理想。今後もできるだけ地域活動に足を運び、地域の方々から信用していただける人間になりたいです。そのうえで、薬や健康、病気に関する相談を受けた際は、薬剤師として正しい情報をしっかりとお伝えしていければと思います。

たくさんの人とアクティブにつながる

「人に会う」「足を使う」
学びたいことがあれば、その分野に詳しい先生に直接会いに行くことが多いです。また、先生を招いて勉強会や研修会を開催することもしばしば。この人とつながりたいと思ったらSNSなど通じてコンタクトを取って会いに行きます。もちろんスルーされることも多いですが(笑)「人に会う」「足を使う」が私の勉強法です。

コミュニティスペースをDIY
2019年4月のオープンに向け、自分たちの手でコミュニティスペースを作るDIYイベントを実施しました。計3回のワークショップを行い、作った床板を張ったり、壁を塗ったりして内装を改装。「秘密基地」を作るような楽しい過程を地域の方々と共有できました。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「薬剤師こだわり図鑑」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る