取材記事

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、近隣住民へ次亜塩素酸水の無償配布をスタート

マスカット薬局 医薬品情報管理部門 安倉央 部門長

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
国立病院機構岡山医療センターの門前に位置する本店をはじめとして、岡山県内全域にまたがり14店舗を展開し、薬剤師数56人、管理栄養士1人、事務員45人(登録販売者20人を含む)を擁するマスカット薬局は、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、次亜塩素酸水の無償配布に取り組んでいる。医薬品情報管理部門の安倉央部門長に、次亜塩素酸水配布の背景と薬局・薬剤師が今、果たすべき役割などを伺った。

「消毒薬が手に入らない!」
地域住民の課題を解決するために薬剤師ができることとは

当社では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月初旬から全店舗で次亜塩素酸水の無償配布を行っています。

きっかけは、当社の髙橋正志代表取締役が代表理事を務める、岡山県中小企業家同友会内で「消毒薬が入手困難。なんとかならないだろうか」という相談を持ちかけられたことでした。薬局店頭でも患者さまから消毒薬やマスク、体温計などに関する相談が増えていたことから、「衛生管理や消毒薬であれば、薬剤師が果たすべき役割」と、無償配布に踏み切りました。現在までに、全店で約200本分のボトルと地域包括支援センターなど20カ所以上の事業所へ配布を行いました(2020年4月23日時点)。

導入にあたっては、次亜塩素酸水の適正使用に関する知識をまとめた文書を作成し、職員間で情報共有しました。その上で、店内に除菌水の無料配布のお知らせを掲示し、患者さまへ周知を行っています。処方箋をもって来局した患者さまがポスターを見て「除菌水がほしい」ということもあれば、地域包括支援センターや介護老人保健施設など福祉施設のスタッフから求められることも多いですね。

配布している次亜塩素酸水はpHが6.0、濃度は50ppmのもの。50ppmは机やドアノブなど人が触れるの物の消毒に適した濃度です。原末(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム)1包で5000mlの次亜塩素酸水を作ることができるため、1回500mlに小分けして店頭で配布しています。希望する患者さまにはペットボトルなどを持参していただいていますが、そうした準備がない場合は薬局にある水剤の遮光ボトルに入れて渡しています。あらかじめ作り置きなどはせず、患者さまから要望を受けてその都度、ボトルに小分けしています。小分けする作業は手間がかかりませんが、渡す際には保管方法や正しい使い方など、適正使用に関する説明をするため、ある程度の手間と時間は必要です。

「薬剤師が説明してくれるから、安心」と喜びの声も

無償配布を始めてからは、「消毒薬が手に入らないで困っていた、無償で提供してもらうことができて本当にうれしい」「薬局で正しい使い方を教えてもらうことができて、安心して使える」「そのまま使えるので、霧吹きに入れたりいろいろな使い方ができてとても便利」など歓迎する声が寄せられ、手間はかかっても取り組んでよかったと手ごたえを感じています。

多く寄せられる質問は、次亜塩素酸ナトリウム・次亜塩素酸ソーダと次亜塩素酸水の違いなど。どうしても、漂白剤と混同してしまうようですね。その場合は、「キッチンハイターなどの成分である次亜塩素酸ソーダと次亜塩素酸水はまったく別物です。次亜塩素酸ソーダはアルカリ性ですが、次亜塩素酸水は弱酸性~中性で、人体への影響はほとんどありません。厚生労働省から示された分類では食品添加物として分類されており、適切な使用をすれば安全性は高いですよ」と説明しています。

次亜塩素酸水の無償配布に加えて、社内では次のような取り組みを行っています。

◇社内に対策本部を設置

◇服薬指導カウンターにアクリルボードを設置

◇管理薬剤師を中心に職員の健康管理や手指衛生を徹底

◇調剤室、待合室の衛生管理を徹底

◇ソーシャルディスタンスを保てるよう、待合室の席と席の間にパウチを設置

◇「感染疑い」の患者さまが来局した場合は、屋外で服薬指導を行い、お金の清算はビニール手袋を着用

アクリルボードは職員が視察に行ったドイツの薬局での取り組みを参考にしました。服薬指導の妨げにならずに感染予防ができるのでとても便利です。今のところ感染者に服薬指導を行うことはありませんが、「感染疑い」の患者さまが来局することはあるため防御に努めています。

さらに、マスク不足をなんとか解消したいと考え、地元の縫製企業とコラボレーションしてオリジナルマスクの販売も行っています。繰り返し洗える綿100%のマスクを薬局で販売しています。

外出自粛による高齢者のフレイルが目下の懸念

当社ではこれまでには地域包括支援センターとコラボレーションした健康づくり教室や子育て世代むけの情報発信など、地域の健康増進に取り組んできました。新型コロナウイルスの感染拡大によって、現在はこうした地域活動はすべて中断せざるを得ないため、高齢者の健康状態が悪化することを心配しています。

一番の気がかりは、高齢者が長期間、自宅に引きこもることによって生活のリズムが乱れて抵抗力が落ちたり、筋力低下や腰痛、ひざ痛などいわゆるフレイルの増加です。
しかし当面のところ地域活動は難しいため、今は薬局に来た患者さま1人1人に対し、フレイルについてまとめた日本老年医学会の啓発資料を配布するなど、地道に啓発活動を続けていくよう心がけています。

一方で、インターネットが使える世代にむけては、各種サイトを通じて積極的に情報発信を行っています。一例として、山陽新聞社が運営する子育て世代むけのコミュニティサイトでは、哺乳瓶の消毒薬を薄めて代用する方法や簡易マスクの作り方、正しい手洗い方法など、薬剤師の視点からの啓発活動を行っています。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、地域における公衆衛生、そして健康の維持において薬局・薬剤師が果たすべき役割は何か――そのことを自問しながら、日々、患者さま、そして地域住民に対してできることを模索しています。まずは今、取り組んでいる次亜塩素酸水の無償配布を継続していく方針です。さらに情報発信や啓発活動など、地域住民が健康で笑顔でいられるように、薬剤師の立場からできる取り組みを進めていこうと考えています。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「取材記事」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る