【オリジナル】 「添付文書の“原則”電子化」に見る医療DXのボトルネックとは(前編)

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

【オリジナルニュース解説】添付文書の原則電子化が施工され、はや2ヶ月ですが薬局においてはどの様な変化があったでしょうか。電子になる事で早急な伝達が可能な反面、自ら情報を取得しに行く必要がありますね。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る