【オリジナル】 「添付文書の“原則”電子化」に見る医療DXのボトルネックとは(後編)

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

【オリジナルニュース解説】医療DXは今後確実に進むと予想されていますが、他業種に比べ遅れをとっている事も事実です。病院と薬局の関係上、意見するのが難しい事もありますが、薬局・薬剤師からもDXの必要性を強く訴えて行きたいですね。

(「添付文書の“原則”電子化」に見る医療DXのボトルネックとは(前編)はこちらから)

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る