アーカイブ動画
コミュニケーション 2017年3月6日

一緒に話してみませんか?あなたと薬のこと(薬局編、入院編、在宅編)

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
監修東京理科大学 薬学部 健康心理学研究室 教授 後藤 惠子
帝京平成大学 薬学部 教授 井手口 直子
慶應義塾大学病院 薬剤部 緩和ケアセンター専任薬剤師 金子 健
東京理科大学 薬学部 教授 伊集院 一成

“患者さんと薬剤師とのよりよいコミュニケーションの例”として、患者と医療者との治療のパートナーとしての取り組み方をドラマ仕立てで紹介しています。「薬局編」では、脳梗塞患者と薬剤師の初回及び1年後の服薬指導、「入院編」では、胃がん患者の入院時の病棟薬剤師とのやり取り、「在宅編」では、薬剤師が患者宅を訪問し残薬問題を解決するシーンを紹介しています。「くすりのしおり(R)」の活用も解説しています。

本動画の詳細・視聴はこちらから

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る