アーカイブ動画
疾患 2016年10月1日

精神科医療における身体合併症の対応策と医療連携のあり方

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
座長医療法人社団 成仁 成仁病院 副院長 木内 健二郎 先生
演者国家公務員共済組合連合会 立川病院 精神神経科 部長 一般社団法人日本総合病院精神医学会 理事 桑原 達郎 先生

精神疾患の患者さんは、身体合併症といわれる様々な身体疾患の有病率が高いことが知られています。身体合併症への対応の課題は、急性期、慢性期の患者さんに適した医療が十分に整備されていない場合や、精神科病院と総合病院・診療所・調剤薬局との医療連携が困難な場合などが考えられています。今回のセミナーでは、精神科医療に携わる先生方に身体合併症への対応や医療連携の現状と課題についてお話を伺いました。

本動画の詳細・視聴はこちらから

アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「Web動画を見る」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る