キーワード集

課徴金制度(かちょうきんせいど)

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

課徴金制度とは?

課徴金制度とは、違反行為防止のために行政庁が違反事業者等に対して金銭的負担を課す制度のことだ。砕いていうと、違反者への罰則金制度である。
薬機法の改正によりガバナンスを強化、行政措置の見直しの観点から、薬機法においても課徴金制度が定められた。 薬機法の課徴金制度は第66条に定められた、 「虚偽・誇大広告などの規制に違反し、不当な利益を得た企業に対して、その収益を取り上げる」という内容になっている。

薬機法66条についてはこちら。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る