アーカイブ動画
疾患 2017年10月19日

外来がん化学療法の現状と、薬薬連携の取り組み

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
演者九州大学大学院 医学研究院 連携病態修復内科学講座 准教授
草場 仁志 先生
演者九州大学病院 薬剤部 槇原 洋子 先生
演者大賀薬局九大病院東門前店 店長・管理薬剤師 汐待 加織 先生

患者のための薬局ビジョンが策定され、薬局および薬剤師には服薬情報を一元的かつ継続的に把握する薬学的管理・指導などが必要となります。
特に抗がん剤については、専門機関と連携し、副作用対応などの高度薬学管理機能への対応が求められています。
そこで今回のWebセミナーでは、抗がん剤に着目し『外来がん化学療法の現状と、薬薬連携の取り組み』と題して、それぞれの立場での患者との関わりについてご講演いただきます。

本動画の詳細・視聴はこちらから

アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る