アーカイブ動画
会員限定 2019年8月6日

高齢者の特徴を考慮した心房細動治療

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
演者心臓血管研究所 所長 山下 武志 先生

高齢な心房細動患者さんの薬物療法における課題として、服薬アドヒアランスの観点があります。2019年1月に新たに「頻脈性心房細動」の効能・効果を取得した経皮吸収型β遮断薬ビソノテープの臨床成績、さらには服薬アドヒアランス向上のための工夫について、心臓血管研究所 所長 山下 武志 先生にご解説いただきました。(再生時間6分56秒)

本動画の詳細・視聴はこちらから

アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る