<書籍紹介>
Rp.+ やさしく・くわしく・強くなる Vol.21,No.2(2022年春号) 便のトラブル110番

# 服薬指導・コミュニケーション

【著者】三原 弘 (編集)

 

~便秘には下剤,下痢には止痢薬,……本当にそれでいいと思ってます?~

病院(病棟)でも,薬局でも,ドラッグストアでも,そして日常でも,便秘や下痢,腹痛といった排便トラブルを抱えた人と出会うことは多々あります.また,お腹のトラブルを自覚していても,なかなか受診につながらない人もたくさんいます.一方,受診はできても,その後の症状に合わせた薬の自己調節に困難を感じている患者さんも少なくありません.こうした方々に必要なのは,薬剤師・医療スタッフや登録販売者からの適切な受診勧奨や生活習慣改善のサポート,そして薬物治療に関する情報提供です.

そこで,今号の「Rp.+ レシピプラス」では,現場でよく悩むケースを取り上げ,アドヒアランスを向上させる服薬指導や,患者さんの排便トラブルを解決に導く疑義照会・処方提案・受診勧奨までを解説しました.また,「どうしてこんな症状が現れるの?」「なぜこの薬が選択されるの?」が見えてくる,生理学と病態学のキホンから,便秘・下痢を解説!
患者さんの薬物療法のサポートをもっとしたい,ちょっと頑張りたいという医療スタッフを応援します!

ページトップへ戻る