ラゲブリオ投与体制を整備‐コロナ再拡大に懸念の声

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

オミクロン株による感染の再拡大に歯止めがかからないコロナウイルスですが、現在は感染者も自宅療養が認められています。経口抗ウイルス薬「ラゲブリオ」の投与が進んでいますが、不足も懸念されます。患者さんへの安定供給の為に、薬局は常に準備しておきましょう。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤクIDに登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る