薬用作物の新技術創出へ‐共同拠点農場を全国展開

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

現在、日本では中国産の原料を主に使用しています。需要が拡大していく中、今後農場を国内へ展開することで、国外だけを頼りにするのではなく日本で対応できるようになりますね。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る