不適切な情報提供14件‐コロナ禍で前年度比減少

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る

不適切とみなされた情報の中には、効能や用法用量といった患者さんにも関わる重要なものも。広告違反の改善も求められますが、薬剤師の皆さんも医薬品の情報について真偽を疑う姿勢も大切ですね。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る