オンデマンド
会員限定 疾患 2018年9月10日

経腸栄養の食後高血糖を捉える
~Flash Glucose Monitoring(FGM)によって明らかにされた医原性血糖変動への提言~

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
セミナー日時2018年9月10日(月)~2019年3月31日(日)
座長織田 順   先生
(東京医科大学 救急・災害医学 主任教授)
演者森  豊   先生
(東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 教授)

経腸栄養施行時では、血糖の日内変動が大きいことが報告されており、特に糖尿病患者における経管栄養では、血糖が大きく揺れ動くことから、血糖コントロールに苦慮するケースが多い。
この対処法の一つとして、現在、低GL 流動食が臨床で使用されている。
本講演では、現在まであまり明らかにされていない2 型糖尿病患者の経腸栄養施行時の血糖日内変動、並びにその対策方法について、述べたい。

本動画の詳細・視聴はこちらから

アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「Web動画を見る」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る