アーカイブ動画
疾患 2017年3月6日

炎症を通してつながる歯周病と糖尿病
~口腔感染制御が医科と歯科を結ぶ~

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
演者にしだわたる糖尿病内科 院長・西田 亙

歯周病は、様々な全身疾患と関係性があることが知られており、生活習慣病の一つとして位置づけられています。特に、歯周病と糖尿病は密接な相互関係があることから、歯周病は糖尿病の第6の合併症と捉えられています。
本コンテンツでは、一人の患者さんを医師、歯科医師、薬剤師、看護師、歯科衛生士、検査技師、栄養士などの様々な分野のプロフェッショナルが、口と全身を通じて支え合うことの重要性を解説していきます。

本動画の詳細・視聴はこちらから

アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る