薬剤師こだわり図鑑
お薬手帳の活用にこだわり vol.2

連携に大切なのは、
飛び込んでいく少しの勇気

東京都 株式会社田無薬品 藤田珠理先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
藤田先生は大学卒業後、地域でいち早く在宅医療に取り組んでいた株式会社 田無薬品に入社。先輩たちの姿を見て、入社4年目の2002年、現店舗のホームケアファーマシー田無店に異動したタイミングで在宅訪問業務を志願した。現在は2名の薬剤師と約100名の在宅患者(居宅)に対応。また、西東京市薬剤師会理事として地域包括ケアシステムの構築に参画している。

失敗を通して、在宅医療における薬剤師の役割を再認識

私が在宅訪問を始めた頃は介護保険が始まる前だったので、ケアマネージャーさんはおらず、医師の指示により薬剤師が単独で訪問をしている形でした。当時、失敗を通して学んだことがあります。ある老老介護世帯の患者さん宅にお薬を届けに行った際、不在のようだったのでポストにお薬を入れて帰ってしまったのです。2日後、患者さんから連絡を受けた医師から電話があり「なぜ、もしかしたら患者さんに何かあったのではないかと考えなかったのだ」とお叱りを受けました。その時、私は「緊急性」という意識が欠けていたことに気づかされたのです。お薬を届けるだけでなく安否確認も含めての在宅訪問なのだと。それまでは医師に遠慮してしまい病状や処方に関する事のみを報告していたのですが、そこからは気になることがあれば連絡をしてもよいことがわかり、医師と良い関係が築けるようになりました。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「薬剤師こだわり図鑑」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る