薬剤師こだわり図鑑
在宅医療にこだわり vol.3

問題だらけの残薬。
警鐘を鳴らし、次世代の薬剤師育成に注力

一般社団法人Life Happy Well 顧問 福井繁雄先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
大学を卒業後、新宿にある大手ドラッグストアにて薬剤師として働き、激動の日々を送った福井繁雄先生。その後、大阪府の病院の門前薬局、病院薬剤部での勤務を経て、平成24年に一般社団法人Life Happy Wellを設立。現在は同社団法人の顧問に就任し、残薬を無くす啓発活動に邁進している。

病院に行くたびに溜まる大量の薬。残薬は多大な問題をはらんでいる

私が19歳だった頃、一緒に暮らしていた祖母は病院に行くたび、大量の薬をもらってきていました。飲み切る前に追加され、薬の量は溜まっていく一方。私には不思議でなりませんでした。ある日、祖母が心筋梗塞を発症して病院に運ばれたのですが、なんと薬を全く飲んでいなかったことが判明したのです。回復した祖母に理由を尋ねてみると「飲んだら頭が痛くなる」と。しかし、そのことを祖母は医師に伝えてはいませんでした。医師は、何も知らなかったために薬を出し続けていたのです。薬剤師になり在宅医療に携わるようになってから、当時の祖母のようなケースをたくさん目の当たりにしてきました。薬はお金がかかっているものなのに、患者さんの中にはその意識が薄い人も多くいます。医療費が無駄になるだけではなく、きちんと服用しないことで症状が悪化したり、過量投与や誤飲により副作用が発生したりするなど、残薬は多大な問題をはらんでいます。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「薬剤師こだわり図鑑」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る