薬剤師こだわり図鑑

在宅医療にこだわり vol.3

問題だらけの残薬。
警鐘を鳴らし、次世代の薬剤師育成に注力

一般社団法人Life Happy Well 顧問 福井繁雄先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
大学を卒業後、新宿にある大手ドラッグストアにて薬剤師として働き、激動の日々を送った福井繁雄先生。その後、大阪府の病院の門前薬局、病院薬剤部での勤務を経て、平成24年に一般社団法人Life Happy Wellを設立。現在は同社団法人の顧問に就任し、残薬を無くす啓発活動に邁進している。

病院に行くたびに溜まる大量の薬。残薬は多大な問題をはらんでいる

私が19歳だった頃、一緒に暮らしていた祖母は病院に行くたび、大量の薬をもらってきていました。飲み切る前に追加され、薬の量は溜まっていく一方。私には不思議でなりませんでした。ある日、祖母が心筋梗塞を発症して病院に運ばれたのですが、なんと薬を全く飲んでいなかったことが判明したのです。回復した祖母に理由を尋ねてみると「飲んだら頭が痛くなる」と。しかし、そのことを祖母は医師に伝えてはいませんでした。医師は、何も知らなかったために薬を出し続けていたのです。薬剤師になり在宅医療に携わるようになってから、当時の祖母のようなケースをたくさん目の当たりにしてきました。薬はお金がかかっているものなのに、患者さんの中にはその意識が薄い人も多くいます。医療費が無駄になるだけではなく、きちんと服用しないことで症状が悪化したり、過量投与や誤飲により副作用が発生したりするなど、残薬は多大な問題をはらんでいます。

在宅医療における薬のチェック。薬剤師にかかる期待

病院では持参薬の鑑別が当たり前に実施されているのにもかかわらず、在宅医療においては薬のチェックがなされていません。このチェックを薬剤師が担うべきだと私は考えています。患者さんの自宅を訪問して、薬をすべて出してもらって回収し、ひとつずつ選定する。地道な作業ですが、カンファレンスによって一から処方を組み立てるなど、患者さんと医師・看護師との仲介役になることがこれからの薬剤師には求められるでしょう。処方箋に沿って調剤するだけの従来の薬剤師は、AI時代に生き残れません。診療報酬が改定されるなど以前に比べれば残薬に対する認識は深まってはいますが、今も薬は明らかに余っています。今後は、全国行脚をして、実態調査をしていくつもりです。

薬剤師に浸透させたいのは、徹底した患者目線

残薬を無くすための取り組みは一時的なブームであってはなりません。在宅医療におけるチェック機能などがルーティン化され、そのうえでより良くするための議論を進めていきたいところですが、残念ながらそうなっていないのが現状です。これからも福祉施設での講演や執筆活動などを通して薬のリスクを人々に発信していきたいですし、次世代の育成にも力を注いでいきたいと考えています。薬剤師に浸透させたいのは、徹底した患者目線。患者さんは、ひとりの人間として薬剤師を見ています。薬剤師の活躍を左右するのは、最後は人間力。どうして薬剤師を志したのか、初心にかえって視野を広げてもらえれば嬉しいです。

自責で考え、視線を外に向ける

ビジネススクール
29歳の頃、アタッカーズ・ビジネススクールに在籍したことで発想力が鍛えられました。異業種の人たちとの交流は刺激的で、幅広い視点で物事を考えられるようになったと思います。薬剤師は、どうしても殻に閉じこもりがち。私が実施する薬剤師向けの講習会は、介護食を食べるなど、さまざまな体験を通して外の世界を学ぶことに重きを置いています。

父の影響
亡くなった父からは「世の中が駄目なのは自分にも原因がある」「自分が変われば、相手が変わる」といつも言われていました。この考え方が指針となり、残薬を無くすアクションにつながっています。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「薬剤師こだわり図鑑」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る