薬剤師こだわり図鑑
健康サポートにこだわり vol.1

学生時代から志した一次予防のため
病気にさせない「かかる前薬局」を実践

旭川中央薬局 長塚健太先生

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
北海道旭川市の旭川中央薬局で地域住民を病気にさせない「かかる前薬局」の活動に取り組む長塚健太先生。検体測定に加え口腔ケアにも注力し、口腔環境を整えることで糖尿病や歯周病など多様な疾患の一次予防に取り組んでいる。

検体測定室、口腔ケアを軸とし地域住民の健康維持・増進に取り組む

学生時代、私が師と仰ぐ先生から「糖尿病は医療では治せない」と言われたことが一次予防を志すきっかけでした。医療における糖尿病治療の場合、合併症予防が主な目的であり血糖値を下げる治療は行うものの糖尿病を完治させるものではないと教わったのです。それならば糖尿病になる前から予防するしかないと思い、予防医療に本格的に興味を持っていきました。現在は、病気にさせない「かかる前薬局」を合い言葉とし、検体測定室の設置や測定器を使用したいわゆる血糖値スパイクの認知促進、口腔ケアなどを中心に一次予防に取り組んでいます。特に口腔ケアでは歯磨きなどによるセルフケアを推進するとともに、歯科によるプロフェッショナルケアへとつなぐ多職種連携をはかっています。

  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • LINEでこの記事を送る
アスヤクLABOの仲間になりませんか?

ご登録いただくと、すべてのコンテンツの閲覧・座談会の参加ができるほか、最新情報をメルマガでお届けします。

アスヤク仲間に登録する

その他の「薬剤師こだわり図鑑」

この記事を読んだ方におすすめの記事

ページトップへ戻る