アナライザー型薬剤師

物事を客観的に捉える能力に長けており、堅実な仕事振りを発揮します。

完全主義的なところがあり、ミスを嫌います。

一方で変化には弱く、行動は慎重です。人との関わりも慎重で感情はあまり外には出しません。

助言者やコメンテーターという「傍観者」になりがちです。

典型的なアナライザーは・・・

話をするときは慎重に言葉を選んで話します。

プロモーターのように考える前に口が動いているというようなことはなく、考えをまとめ、整理し、それからアウトプットします。

ゆえに、質問されると、即答せずに、多少反応時間が長くなります。「そうですねぇ」「ええっと」など、間を取る言葉が多くなります。

感情表現は「うれしい!」のように直接的ではなく、「あの時はけっこううれしいって思いましたね」のように、客観視した表現を多く使います。

じっくり考えていることが多いので、表情はクールで、時に醒めていると見られることもあります。

アナライザー型薬剤師の人が見るべき薬剤師はこちら

アナライザー型薬剤師の人がステップアップするための研修は

薬剤師だからこそ知りたい!化粧品成分学講座
化粧品の成分や違いについて知り、パッケージの裏側の化粧品成分表の読み方がわかるようになる研修会です。本研修会では、ハーバルセラピストとし

ページトップへ戻る